今年こそはじめる!子どもとできるアウトドアを紹介

Pocket

小さいお子さん連れの外出は大変ですが、今だからこそ一緒に色々なことを体験できる貴重な時期でもあります。

今回は「今年こそはじめる!子どもとできるアウトドアを紹介」についてまとめてみました。

アウトドアは子どもにとってどんなメリットがある?

コミュニケーション能力が身に付く

アウトドアは基本的に大人と一緒に行います。ゲームのようにマニュアルがあるわけではないので、困ったときは誰かに教えてもらう必要があります。そしてわからない人がいれば今度は自分が教える立場になります。そのような行動を通じて子供はコミュニケーション能力を自然につけていくのです。

五感が刺激される

太陽の光をたくさん受けて自然の風に吹かれ、新鮮な空気をたくさん吸っていつもと違うものを食べる…アウトドアは五感をたくさん刺激する出来事で溢れています。そして便利な生活にはない「不足している」状態も五感をより研ぎ澄ませる手助けとなるのです。

知恵がつく

アウトドアは普段の生活と違って不便なことだらけです。不便なことを少しでも便利になるように考えることで、知識ではない知恵を身に着けることができます。おもちゃなんて持って行かなくても、子供は創意工夫の天才なのでそこにあるもので楽しむことができるのです。

子どもと一緒で楽しい!おすすめのアウトドアな活動を紹介

ハイキング・トレッキング

一番お手軽なアウトドアと言えばハイキングです。普段歩きなれない土の上を歩くだけでも足腰が鍛えられますし、マイナスイオンたっぷりの大自然の中を闊歩することで子どもの五感をくすぐり大人にとってもいい気分転換になります。

少し大きいお子さんであれば、標高の高い山に挑戦してみるのもいい経験です。頂上に辿り着いたときの達成感と山頂での開放感はきっと子供の成長にプラスになることでしょう。

山の上で食べるお弁当はまた格別に美味しく感じるという経験も、子供にとっては素敵な思い出になること間違いなしです。

BBQ

普段の食事ではテーブルに出された出来上がったものをただ食べるということが殆どです。一方でBBQはみんなで協力して火を起こしたり食材を切ったり焼いたりといった手間暇をかけながら、ようやく食事にありつけるといった手順を踏みます。この過程により、食事を作ることの大変さ、食材のありがたみ、みんなで協力することの必要性を学ぶことができます。

大人が準備や片付けを全てするのではなく、子供たちもお手伝い通じて学べることもたくさんあるので、積極的に参加してもらいましょう。

川遊び

アウトドアをしたいけれど、もう少し手軽に大自然と触れ合いたい、ということであればオススメなのが川遊びです。プールと違って危険なことはたくさんありますが、それによって子供は危機管理能力を養うことができます。

おもちゃがなくても川の石や草花でどうやって楽しく遊ぶかを考えることで発想力が育まれます。
ただし自然の川は思いがけず深くなっている箇所もあるので、必ず大人が付き添うようにしましょう。

キャンプ

BBQも川遊びも欲張って楽しみたいのであれば、キャンプがオススメです。大自然の中でたくさん遊んで食べた後に見上げた満天の星空はきっと一生の思い出になることでしょう。

虫が苦手だったりちょっと神経質だったりするお子さんだと、「大丈夫かな?」と不安になるかもしれませんが、キャンプをきっかけにたくましくなるというのもよくある話です。

まとめ

子どもとできるアウトドアについてまとめてみました。

ゲームでは決して得ることのできない体験は、きっとお子さんをたくましく成長させてくれることでしょう。これをきっかけに大自然を通してお子さんの成長を実感してみませんか?

こちらの記事もどうぞ → これであなたもできる親!宿題をやる気にさせるコツ