親子で楽しむ!虫取りのコツ

Pocket

「虫取りしたーい」という子どもの声に張り切って腕をまくったら、思いがけず子供心が刺激されて子供よりも虫取りにハマってしまうお父さんたちもたくさんいるのではないかと思います。

今回は「親子で楽しむ!虫取りのコツ」についてまとめてみました。

虫取りにオススメの場所

近所で見つけるなら

都内では昆虫採集は難しいと思われるかもしれませんが、意外と近所でも虫取りはできるものです。近くにある公園や神社、雑木林など自然が少しでも残っている場所には昆虫がたくさんいる可能性が高いので足を運んでみましょう。

森林公園や緑地公園、河川敷などはまだまだ手付かずの自然がたくさん残っている可能性が高く、クワガタやカブトムシを見つけられる場合もあります。

少し足を延ばす

近所の森や林で虫を捕まえるのも楽しいけれど、もうちょっと遠くに行けばもっとすごい虫が取れるんじゃないかと期待してしまいますよね。

都心から車で30〜60分も離れた場所にはより多くの昆虫がいる里山がたくさんあります。八王子方面、埼玉方面、千葉方面、丹沢方面に少し足を延ばせば、大自然がまだまだ残っていることを実感できるはずです。

泊りで行ってみる

どうせ遠くに行くのであれば、思い切ってキャンプや旅行も兼ねて虫取りに行くことをオススメします。日頃家事や育児で疲れているお母さんを部屋でゆっくりさせてあげて、お父さんと子供たちでワクワク虫取り体験なんていかがでしょうか。

箱根や丹沢、高尾などの山や伊豆の高原などにある宿やキャンプ場で非日常空間を味わいながら、近所では出会えない種類の虫を探してみましょう。

虫取りにおすすめの時間帯は?

目星をつけるのにオススメの時間帯は?

カブトムシやクワガタは主にクヌギやコナラなどのどんぐりの木に集まります。夜の間に樹液を吸いに出てきて、明け方になると土に潜っていくのです。

ゴツゴツした樹は特に狙い目なので、明るい昼間のうちにカブトムシやクワガタの寄ってきそうな樹に目星をつけておくとよいでしょう。樹液が出ているのが確認できたら発見できる可能性が高くなります。

虫取りにオススメの時間帯は?

カブトムシやクワガタは夜行性なので、採取時間は夜17〜22時頃、もしくは早朝4〜7時頃がオススメです。時間帯によってはまだ暗いので、大人と一緒に行動するようにしましょう。運がよければ昼間の時間帯に虫を見つけることができる場合も稀にあります。

これでたくさん捕まえられる!捕り方のコツを紹介

虫の捕り方のコツ

樹液が出る樹を探すのが一番ですが、もしもそれが難しい場合はバナナを使ったトラップを仕掛けてみるという手もあります。

材料はバナナ(多少悪くなっていてもOK)、砂糖、焼酎、ドライイーストです。手順はとても簡単で、これらをすべてジップロックに入れてこね、醗酵させるだけです。

仕掛けたい木に発酵したバナナを塗り、数時間後にチェックしに行くだけなので、誰でも簡単に仕掛けることができます。

虫の捕まえ方

虫の胴体の横腹を親指と人差し指で優しく挟みこんで持ちましょう。カブトムシのオスであれば上にある短い方のツノの先を持っても構いませんが、急に羽ばたくことがあるのでびっくりして手を離さないようにしましょう。

脚の部分を持つと指に絡んできて爪が食い込んで痛い目に遭うので気をつけましょう。虫かごに入れるときは、クヌギやコナラの葉っぱを数枚一緒に入れてあげると、虫同士が絡まるのを防ぐことができます。

まとめ

虫取りのコツについてまとめてみました。
親も子も一緒にハマれば楽しい思い出作りにもなる上に親子の絆も深めることができるので一石二鳥です。「お父さんスゴイ!」と是非言わせてみてくださいね。

こちらの記事もどうぞ → アウトドアで注意したい、スズメバチの対処法